よくニュースで言っていますよね。知っている人も多いと思います。この円高で海外旅行に行く人、輸入をする人はとてもお得に買い物できると思います。(笑顔)

こんなに安く海外の物が買えると言うことで、今後の日本経済も活性化してくるのではないかと思われがちです。しかし、実は円高だから株高にもなっています。そんなことで、必ずしも日本経済が好調になるとは限らないと言えます。(汗)

それには海外の動向、海外の影響を受けやすいものであると言います。しかし、ここで見落としてはいけないことがあります。それが、日本で行動している機関投資家の動向になります。

例えば、日本株を運用している時に、良い場合の時でも悪い場合の時でも成績が極端な状態になっています。こうした場合は、日本で行動している機関投資家について、スタンスとして海外向けの外貨投資のスタンスが今まで行っているスタンスとガラッと変えます。

そして、そのことが為替マーケットに非常に大きな影響を与えることがあります。もし日本株を運用していて、その成績が好調な場合は、海外に行う投資スタンスが積極的に行われるようになります。

円高になったら海外の状況だけでなくて日本の機関投資家の動きについてもしっかりと見ていくことが大切です。そして、上手く運用して行くことで、今後の日本経済も好調となってくることでしょう。(笑顔)。

関連ページ